簡単に出来る

夜だけプチ断食のすすめ

女性

断食と聞くと修行僧のそれを思い描いてしまいますが、そんな厳しいものではないのがプチ断食です。プチというぐらいなので、すぐ生活の中に取り込むことが可能です。 例えば毎日忙しく仕事をしていると、通勤の行き帰りや会社内でも活動量は豊富になります。ですが1日中デスクワークの日だったり休みの日でも出かけなかった時などは、活動量が少なくなるので消費カロリーも低くなります。 そんな日に、いつものようにお腹いっぱい食べてしまうとカロリーオーバーになります。わかりやすいのは歩数計です。毎日歩数計で計測すると、その歩数の数字の違いに歴然と差が出ます。 そんな風に活動量が少なかった日には、夕食を断食するのがおすすめです。なぜなら夕食は食べたものが体脂肪に変わりやすいからです。

食べ過ぎた翌日は主食をカットする

毎日食生活のことをきちんと考えていても、たまには友人と食べ放題などに出かけたくなる時もあるのではないでしょうか。たまにならば良いストレス発散にもなるので行っても良いんです。 食べ過ぎたとしても、翌日に1日かけてリセットすれば良いのです。 翌日は菓子類と主食を抜いておかずのみで過ごしましょう。主食なので米やパン、麺類は一切摂らないでください。肉や魚、大豆製品、卵料理などのタンパク質のものと、野菜や海藻類は食べても大丈夫です。 野菜スープなどの簡単に自炊できるメニューにすると良いでしょう。 カロリーを相当ダウンできるので、前日の過食の分をすぐにリセットでき、さらには体内の糖質が枯渇している状態なので、積極的な脂肪燃焼が期待できるはずです。 このようなやり方だと、普段の食生活で簡単にプチ断食できるので是非お試しください。